円山公園の坂本龍馬と中岡慎太郎像




[ 京都府京都市東山区円山町 ]


京都の円山公園の片隅にある坂本龍馬と中岡慎太郎の像ながです。

実はこの銅像は2代目なが。

理由は、やはり戦時中の金属の供出で撤去され、弾かなんぞに化けたがでしょう。

桂浜の龍馬像は、戦時中でも金属の供出にはなっちゃーせんけんど、此処のは被害を受けたがですねー。

オンチャン、この像を見る度んびに、如何見ても坂本龍馬さんにゃ見えんがよ。

坂本龍馬像と言う事になっちゅうき龍馬さんにゃ失礼じゃけんど、如何見てもオンチャンには似ても似付かぬ、何処の誰でよと言いたいような顔付になっちゅう。・・・(^^ゞ

初代の像の作者は、桂浜の坂本龍馬像を造った本山白雲さんじゃけんど、この昭和32年(1962)に再建された2代目は、誰じゃろー。

本山白雲さんにしちゃー、桂浜の坂本龍馬さんと顔が違うき。

この像のミニチュア像は2体存在しちょって、一体は京都霊山の坂本龍馬と中岡慎太郎の墓の傍にあり、もう一体は、桂浜の坂本龍馬記念館にあるがです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment