佐々木高行邸跡付近 - 板垣退助・後藤象二郎と共に、土佐三伯の一人





[ 高知県高知市佐々木町 ]


高知市内の西に、佐々木町と言う地名の付いた場所があるがです。

ここは、晩年の坂本龍馬が最も信頼を寄せちょった一人でもあったろう、佐々木高行邸があった事に由来する地名ながです。

佐々木高行生誕地碑 - 龍馬と親交が深かった 2010.07.15 でもご紹介しちょりますが、文政13年(1830)土佐国吾川郡瀬戸村(現・高知市横浜東町)に生まれちょりますが、当時、杓田村と言いよったこの場所に移り住んだがは安政2年(1855)25歳の頃。

4畳半と3畳二間の、こんまい家じゃったそうながです。

平成12年5月の航空写真やまだ、段々畑のような雛壇の地形が伺えるけんど、現在はニュータウンの造成が進み面影もない状態になっちょりますが、平成18年5月の写真を元に辺りを探したところ、1枚目と4枚目の写真の辺りに佐々木高行邸があったのではないかと思うちょります。


[ アクセス ]

・JR土讃線「高知商業前」駅下車 約430m 徒歩約7分
・土佐電鉄伊野線「鏡川橋」電停下車 約620m 徒歩約10分
・土佐電鉄伊野線「蛍橋」電停下車 約710m 徒歩約12分

MapFan地図へ
関連記事

  



1 Comments

ダイスケ  

佐々木高行邸跡

佐々木高行邸跡、ぼくもずっと気になっていました。ずっと以前の某氏の歴史書には「若宮神社の東方、畑の中に邸跡の碑あり(昭和14年頃高行の孫立ち会いの上建立)」とありますが、宅地造成の際にそれらも撤去されてしまったんでしょうね。自分は屋敷跡は住宅地からもう少し東の谷の奥の段々畑あたりかと思っていたのですがこちらの御指摘の場所で間違いないようですね。

2012/07/17 (Tue) 01:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment