関門海峡 - 下関戦争(馬関戦争)の舞台




[ 関門海峡を挟んで、福岡県門司区門司から見た山口県下関市唐戸方面]


下関戦争は、幕府による安政の開国(1854)後も過激な攘夷政策をとっていた長州藩が外国に対する強硬姿勢により、1863年と1864年の二回にわたり、列強諸国と武力衝突を起こした。

下関事件は、文久三年(1863)5月、攘夷実行という大義のもと長州藩が馬関海峡(現 関門海峡)を封鎖、航行中の米仏商船に対して砲撃を加えた。

約半月後の6月、報復として米仏軍艦が馬関海峡内に停泊中の長州軍艦を砲撃、長州海軍に壊滅的打撃を与えた。

長州は砲台を修復した上、対岸の小倉藩領の一部をも占領して新たな砲台を築き、海峡封鎖を続行した。


四国艦隊下関砲撃事件は、元治元年(1864)7月、前年からの海峡封鎖で多大な経済的損失を受けていた英国は、長州に対する懲戒的報復措置をとることを決定し、仏 蘭 米の三国に参加を呼びかけて、艦船17隻で連合艦隊を編成した。

同艦隊は8月5日~7日に馬関(現下関市中心部)と彦島の砲台を徹底的に砲撃、各国の陸戦隊がこれらを占拠・破壊した。

下関戦争 - Wikipedia
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment