桂小五郎・幾松寓居跡




[ 京都府京都市中京区上樵木町 ]


桂小五郎(後の木戸孝允)が、花街三本木の芸妓・幾松と恋仲となり,住んじょった所とされちょり、当時は長州藩控屋敷じゃったそうです。

禁門の変(蛤御門の変)以降、新選組に狙われ幾松の機転で助かったこともあるそうで、新選組に踏み込まれた時に桂小五郎をかくまったという長持ちや、釣り天井、抜け穴などが当時のまま残っちょるとか・・・。

その幾松は、維新後に桂小五郎と正式に結婚しちょります。

寓居跡は、現在、料理旅館「幾松」になっちょります。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment