佐々木高行生誕地碑 - 龍馬と親交が深かった




[ 高知県高知市横浜東町 ]


NHK大河「龍馬伝」第三部の中にも重要人物の一人として出てくるじゃろーと思うのが、この佐々木(三四郎)高行なが。

佐々木高行は、文政13年(1830)土佐国吾川郡瀬戸村に土佐藩上士・佐々木高順の次男として生まれちょりますが、彼が誕生したときにゃ、父親は既に亡くなっちょります。

通称・三四郎と言い、龍馬より6歳年上ながです。

苦境の中、文武を極め、慶応3年(1868)38歳の時に、大監察に上り詰めちょります。

因みに、武市半平太が土佐勤王党を結成すると、上士の身分じゃったけんど土佐勤王党に同調し、小南五郎右衛門らーと国事に奔走しちょります。

(そんな訳で、本来は上士じゃけんど、小南五郎右衛門と同様に[幕末土佐] 維新の志士に、分類しちょります。)

坂本龍馬との出会いは、慶応3年(1868)6月23日、薩土盟約結ぶために京都・三本木の料亭で、薩摩藩から小松帯刀・西郷隆盛・大久保利通、土佐藩から後藤象二郎・寺村左膳・真辺栄三郎・福岡孝悌の両藩首脳が集まり、坂本龍馬と中岡慎太郎の立ち会いのもと会合が行われた際、出京役人の一人に佐々木高行が居った。

慶応3年(1868)7月6日、長崎でイカルス号事件が発生し、水夫殺害の嫌疑が海援隊に掛かるがです。

8月1日、在京しちょった佐々木三四郎(高行)は事件の折衝のため、西郷隆盛から薩摩藩船・三邦丸を借用し土佐に向かうがですが、兵庫港から出航間際に松平春嶽から山内容堂宛の手紙を預かった坂本龍馬も乗り込み、そのまま土佐へ戻る事になるがです。

この事件の後、今度は長崎の土佐商会の責任者となり、8月12日に龍馬と共に、長崎に向け土佐を離れちょります。

それ以後と言うても、龍馬との交流はほんの数ヶ月じゃったがですが、お互いに信頼し合える仲になり、龍馬や海援隊隊士らに、様々な支援をし、龍馬とともに国事に奔走するがです。

龍馬が佐々木三四郎(高行)に宛てた書簡が多く残っており、親交の深かった事が伺えるがですが、高知県立坂本龍馬記念館のサイトの中に、坂本龍馬 慶応3年9月初旬・佐々木高行宛書簡 - 高知県立坂本龍馬記念館として一部が紹介されちょります。

そして、佐々木三四郎(高行)が龍馬を最後に見たがは、同年9月18日の事じゃった。

芸州藩の震天丸にライフル銃1000挺を積んで土佐に最後の帰郷を果たした際、長崎で見送ったのが最後となっちょります。

そいて約2ヵ月後の11月15日、龍馬と中岡慎太郎は京都・近江屋にて暗殺されるがです。

佐々木三四郎(高行)は龍馬が暗殺されたのを悼み、「君がため こぼれる月の かげくらく 涙は雨と ふりしきりつつ」と哀悼の詠歌を詠んじょります。

そいて戊辰戦争時にゃ、龍馬亡き後の海援隊の一部隊士を率いて、長崎奉行所を占領するなど倒幕に尽力しちょります。


明治政府では参議・司法大輔・侍補を務め、明治4年(1871年)からは岩倉使節団の一員として欧米各国に渡る。

その後、宮中や元老院を舞台に谷干城・元田永孚らともに「天皇親政運動」を主導して、明治天皇を擁して伊藤博文ら政府要人の排除に動いたために「中正党」と称された。

明治十四年の政変による人事異動で参議・工部卿に就任。

明治17年(1884年)、維新以来の功績によって伯爵を授かり、翌年からは内閣制度開始とともに閣外に去って宮中顧問官、ついで枢密顧問官をつとめ、この間、明宮・常宮・周宮の養育係主任でもあった。

明治23年(1890年)には吉井友実や千家尊福らと神祇院再興運動を進めるが採用されず、また西村茂樹らと敬神・尊王・愛国思想の普及に尽くす。

明治29年(1896年)、関係者の強い要望によって、当時経営状態が悪化していた皇典講究所の第2代所長に就任し、再建に尽力した。

明治42年(1909年)、侯爵にのぼり、明治43年(1910年)病没。

墓は青山墓地にある。

佐々木高行 - Wikipedia


此処も、判り図らい場所じゃった。

通りすがりの、地元の人に聞いても「知らん」や「そりゃー如何いた人ぜよ」とか、究極は探し当てて帰り際、一枚目の標柱の写真を撮りよったら、逆に「いっつも通りよって気になっちょたけんど、わしも判らんがよ!。知ちょったら教えてくれんかよ。」と60過ぎぐらいのおんちゃんに声をかけられ、逆に道案内をする羽目になったが。

確かに、1枚目の写真の標柱だけじゃー判らんのは当たり前じゃけんど、「おんちゃん地元の人やないが?」と喉まで出かけたがを、グット黙ってご案内したがでした。

帰り際「すまんかったのー。ありがとう。」と言われたけんど、苦笑いしか返せんかった。

何とも寂しき思いをいたして候。

参考:坂本龍馬大辞典 新人物往来社




[ アクセス ]

・南はりまや橋バス停から高知県交通バスを利用。
  「桂浜」・「仁ノ」・「長浜出張所」・「春野役場前」・「宇佐」行きバスで約15分。
  「瀬戸」バス停下車。約250m 徒歩約4分
  (南はりまや橋バス停は、はりまや橋交差点より南に約90m)

MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment