寺田屋騒動記念碑



[ 京都府京都市伏見区南浜町 ]


寺田屋騒動ちゅうがは、文久2年(1862)4月23日、尊皇攘夷派の先峰であった薩摩藩士9名が殺傷されるという維新史の中でも有名なじけんじゃねー。

坂本龍馬が土佐を脱藩した年に起こった出来事なが。

薩摩藩には藩主・島津忠義の父・島津久光を中心とする公武合体派と、勤王倒幕を主張する急進派の二派があったが。

島津久光は急進派の動きを押さえようとして、兵千余名を率い京都へ入洛せんとした。

有馬新七ら三十余名の急進派同志は、関白・九条尚忠、所司代・酒井忠義を襲撃して、相国寺獅子王院に幽閉されちょった尊融法親王を助けだして島津久光に詔りを賜り幕府を誅伐する計画を実行するために寺田屋に集まっちょったがです

これを知った島津久光は計画を中止させるために藩士・奈良原ら8名を派遣し、説得して計画を中止するように命じたがです。

しかし説得は失敗し、遂に乱闘となり有馬新七ら急進派側の藩士はその場で6名が斬られ、2人は重傷を負い、翌日切腹した。

また説得側も1名が死亡し、4月27日には急進派の藩士が1名自刃して果て、10名の薩摩藩士が死亡したがです。

寺田屋の庭の片隅に寺田屋騒動記念碑が建っちょります。

碑は明治27年(1894)に建てられもんで、篆額は有栖川宮熾親王の筆との事。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment