池田屋騒動之址



[ 京都府京都市下京区真町 ]


元治元年(1864)6月5日,祇園祭の宵宵山で賑わう夜、三条小橋の旅館・吉田屋に集まっていた長州藩の尊皇攘夷過激派約30名を、新撰組が襲撃し多数の死傷者と逮捕者を出した騒動のあった場所なが。

この事件により、長州藩の強硬派が討幕機運を高め挙兵し、蛤御門の変(禁門の変)を引き起こすことになるが。

因みに、映画化もされた「蒲田行進曲」の階段落ちのシーンは、この池田屋騒動がモデルなが。

映画の最大の見せ場じゃったねー。

その”ヤス”の演じた志士のモデルは、池田屋騒動の際、最初に階段上に様子を見に出た土佐勤王党の北添佶摩じゃったがですき。

階段上で、近藤勇に出会いがしらに切り付けられ、即死じゃったとか・・・。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment