大仏界隈 - お龍との出会いの地




[ 京都府京都市東山区新瓦町 ]


坂本龍馬と楢崎 龍(お龍)とが出会ったのは、大仏殿南門前辺りにあった河原屋五兵衛宅じゃったとか。

尊皇攘夷の志士達の隠れ家で、龍馬や慎太郎ら多くの土佐人も出入りしよったそうなが。

そこで、お龍さんの母が働いちょたそうで、その縁で龍馬と出会うたがじゃろうかねー。

因みに大仏殿ちゅうがは、釣鐘に「国家安泰君臣豊楽」の文字が刻まれちょったがために、徳川家康の逆鱗に触れ、豊臣家の滅亡につながったと言われちゅう、広方寺にあった大仏の事なが。

昭和40年頃まで、豊臣秀吉によって造られた大仏があったそうじゃけんど、火災で焼失しちょります。

今じゃ地名もないけんど、地図には大仏発電所に名前が残っちょります。
関連記事

  



2 Comments

オンチャン(とさっぽ)  

Re: 智太郎 さんへ

> ・・・・トラックバックをさせて戴きました。<m(__)m>

申し訳ないがですが、当方現時点ではトラバ表示はしちゃーしませんき。

2010/07/19 (Mon) 22:36 | REPLY |   

智太郎  

『坂本龍馬と嫁:お龍(おりょう)との出会に、まっこと似ちょるぜよ』

お世話になります。 共通するキーワード=「坂本龍馬とお龍」でしたので、トラックバックをさせて戴きました。<m(__)m>

2010/07/19 (Mon) 20:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment