廣井磐之助の墓 2 - あった!勝海舟と坂本龍馬・貴重な歴史遺産



[ 高知県高知市平和町 ]


再び、勝海舟の書いたと言う証拠を確認しに、行っちょったがやき。

何処に書かれちゅうがやろーと、何度か表に廻ったり、裏に廻ったりしたけんど、それらしき文字が無い。

側面の文字に気が付いて、よう見たら、あった!

薄べったい自然石の墓石で、表と裏面ばあ見よったき、気が付かんかったけんど、こがーに大きな文字で書かれちゅうに、アホでございまいた。(^^ゞ

そこには、ちゃんと証拠の名前が刻まれちょった。



表面 正三位勲一等伯爵勝安芳君之書と、ハッキリ!



勝安芳(かつやすよし)。

そう、勝海舟、その人の名やか。

名は「麟太郎」、本名は「義邦」。

普段よう耳にする海舟と言う名は「号」なが。

此処に刻まれちゅう「安芳」と言う名は、幕末期にゃ幕臣・勝安房守を名乗っちょったがを、維新後に改名した名前やき。

勝海舟ゆうたら、ビックネームじゃき今更詳しゅうは説明せんけんど、幕臣で神戸に海軍操練所を開き、戊辰戦争では西郷隆盛を説得し、江戸城の無血開城を成功させた偉人。

それに坂本龍馬が海援隊で活躍する礎を築いた、恩人で師と仰いだ人ぜよ。

出合いは、龍馬28歳、勝海舟39歳の時じゃったがですが、この廣井磐之助の仇討ちに協力したのは、その翌年の話なが。

この墓石が建てられた明治23年は、勝安芳67歳の時で、明治14年の政変で井上毅と伊藤博文が急進派の福澤諭吉一派と大隈重信を政府から追放し、国会開設の詔勅を発し、明治23年(1890)11月25日に山県有朋内閣の下で第一回帝国議会が開かれ、日本の議会政治の歴史が始まった記念すべき年じゃ。

坂本龍馬の「船中八策」から始まり、板垣退助の自由民権運動へと繋がり、明治23年に貴族院と衆議院より成る帝国議会が開院され年で、龍馬没後の23年目にしてようよ龍馬の願い「船中八策」が叶った年でもあるがよ。

兎に角、墓石に刻まれた書体とゆうたち、まさか土佐の地で勝海舟に出会えるとは、ビックリ、シャックリ、アマグリ進上で、オドロキ、モモノキ、サンショノキ!じゃ。

ここまで書いたら、やっぱり「あの人の名」も、あったがやろーと思うちゅうろー?



実際には、こんな感じ。

モノクロにした方が見やすいろー、じゃき最近は、墓石の写真はモノクロで撮った写真を掲載しちょります。

そんで、探いたぜよ。

裏面の「渡揖雄撰 奥宮禮書」の碑文は、苔むして細かい文字がビッシリと刻まれちょりましたが、何処にあるろーかと・・・・・。



そんで、ようよう見つけたぜよ。

坂本龍馬の名を・・・・・・



碑文の全文を読み解くことは出来んけんど、如何やら仇討ちに至る経緯などが書かれちゅうみたい。

けんど文字やーゆうたち、土佐の地で勝海舟の直筆の書と、坂本龍馬の名前、二人の名がある碑に出会えるとは、凄い事じゃないろーか。

因みに、この内容が記載されちゅうは新人物往来社編・坂本龍馬大辞典「広井磐之助邸跡」の項を書かれちゅう方は、土佐史談会・谷是氏。


オンチャンが言いたい事は、如何いて地元は”ほったらかし”にしちゅうろー・・・・と言う事。

① 廣井磐之助さん自体はビックネームじゃないかも知れんけんど、日本最後の仇討「境橋の仇討ち」として有名な、主人公

② その仇討ちには、勝海舟と坂本龍馬が協力

③ 墓石に、勝海舟と坂本龍馬の名前が刻まれちゅう。

④ 何よりも表の廣井磐之助墓の文字は、勝海舟の書体

これだけ、条件が揃っちよったら、ホンマ物の貴重な歴史遺産じゃろー?

此処こそ、周辺をきちんと整備したら、観光客にも足を運んで貰える立派な観光歴史遺産になるがじゃないかよ?

いっつも、こげな感じで、特に高知市内の維新の志士達のお墓を見る度に、首を傾げちょるがよ。
関連記事

  



4 Comments

オンチャン  

Re: 中平 さんへ

> 迷って 迷って 最後に光徳寺さんにお聞きしました

やはり、ちょっと判りづらいですよねー。
当方も、最初は土地勘がなくて、1~2回は収二郎の墓所から山沿いに行ったのですが、判らず。
3回目も直ぐ傍まで行ったのですが、この時も判らず。
4回目にして、奥の方に何やら立て札のような物を見つけ、ようよ探しました。

> 東京と神奈川からの観光の方で 坂本家の墓所がわからず 困っていました

丹中山だけじゃのうて、何処も中途半端な案内標識しか無いと思いませんか?

あのような状況じゃ、土地勘が無ければなかなか辿り着付けないのではないのでしょうかねー。

高知市の観光案内の仕方は、センスが無さすぎだと思いますが・・・。


ところで如何思われましたでしょうか?

勝海舟の書体のある廣井磐之助さんの墓碑は・・・・・。

2010/05/17 (Mon) 21:11 | REPLY |   

中平  

こちらの墓地へ今日行って来ました
迷って 迷って 最後に光徳寺さんにお聞きしました
ありがとうございました また勉強させていただきました

タンチ山にも行ってました 駐車場に女性が二人
ラッキー案内の方いる・・・と思ったのですが
東京と神奈川からの観光の方で 坂本家の墓所がわからず
困っていました オンチャンさんのブログを見てたら 
迷わなかったでしょうに残念 そのあと一緒にお参りしました。

2010/05/17 (Mon) 15:52 | REPLY |   

オンチャン  

Re: 中平 さんへ

> オンチャンさんのブログをマスコミの方にぜひ紹介なさって下さい
> 驚かれると思います よく探されましたネ あんまり凄いので☆は∞です

別に新発見でもないですので・・・・・。

ただ、高知にもこんな史蹟に値するような物があると言う事をしってもらって、見てみたいと思う人が一人でも増えれば良いのではないでしょうか。

それに、マスコミは取上げないですよ。
社会批判をしている記事もあるのですから。(笑)

> 十万人達成おめでとうございます(祝)

ありがとうございます。
当サイトも、龍馬伝効果で高知の観光情報を探している方々が、増えたお陰です。
感謝せねばなりませんねー。

2010/05/17 (Mon) 07:08 | REPLY |   

中平  

オンチャンさんのブログをマスコミの方にぜひ紹介なさって下さい

驚かれると思います よく探されましたネ あんまり凄いので☆は∞です

十万人達成おめでとうございます(祝)

2010/05/17 (Mon) 00:04 | REPLY |   

Leave a comment