廣井磐之助の墓 1 - 墓石文字を書いたのは幕末の超有名人







[ 高知県高知市平和町 ]


この自然石の墓碑の主は、廣井磐之助さんの墓です。

当blogを御覧いただいちゅう人にゃ、廣井磐之助邸跡 - 勝海舟と坂本龍馬の援助で父の仇討ち 2010.04.26 で、ご紹介しちょりますき「あー!あの忠孝」のと御気付きになるがじゃろーと思うちょります。

そう、坂本龍馬と勝海舟の援助を得て、苦節9年目にして憎っくき親の仇・棚橋三郎を討ち果たした、孝行息子・廣井磐之助さんの墓碑ながよ。

そんで、「坂本龍馬」と「勝海舟」の写真があるがです。

左隣のこんまい墓石は、父・大六とお母さんなが。

磐之助さんは一人息子じゃったき、仇討ちを終えて土佐に帰って来たけんど心身の疲れからか、翌年に享年27才の若さで亡くなっちゅう。

その後は、多分お母さんが一人でご主人と息子・磐之助さんの菩提を弔いよったけんど、そのお母さんも亡くなられた後は身寄りも無うて、廣井家は絶えたがじゃないかと思うが。

そんで明治23年に有志達の手によって、こじゃんと立派なお墓が造られちゅうがじゃないかと想像したがです。

昔の人は人情ゆたかじゃねー。


実は、お話は此処からながよ。

最初、墓前に手を合わせて写真を撮るだけの目的じゃったき、気が付かんかったがですが、帰って来て写真を確認しよった所、立て札の文字に”こじゃん”と凄い事が書かれちょったがです。



墓石文字は勝海舟によって書かれる

エー!、たまげたぜよ。

勝海舟?あの勝海舟??他には居らんわなー・・・・。

確かに、墓石の裏にゃこんまい文字が一面に刻まれちょって、凄いなーと思うたのは確かじゃったけんど、少し陽が陰っげっちょって薄暗かったき、ハッキリとは見ちゃーせんかったがです。

説明書きにゃ書かれちゅうがやき、多くの龍馬ファンは周知の事ながやろーけんど、オンチャンは知らんかった。

と言うよりも、全然知られちゃーせんやか?

如何いてなが?


もしそうなら大変貴重な歴史遺産で、こじゃんと勿体無い話やか。

と言う訳で念のため、手元の新人物往来社編・坂本龍馬大辞典を紐解いて見たら、あった。

”「表題 正三位勲一等伯爵 勝安芳君之書」と書かれた自然石の墓碑が建っている”と。

あー、知らぬはオンチャンだけやったのか。

龍馬ファンを気取ちょったけんど「浅はか」とはこう言う事を言うがじゃと、痛感した次第ながです。

けんど、市内の観光案内には生家跡や墓所の位置を記載されちゅうのはあっても、勝海舟の名も龍馬の名も無いし、ましてや坂本龍馬記念館の|調べる|龍馬ゆかりの場所|にゃ、元より廣井磐之助の名前すらない。


こりゃーこのままじゃ遺憾と思うて、翌日、再度証拠を探しに行っちょったがです。

そこで、また眼にしたのは・・・・勝海舟の他にも、やっぱり、あの人の名前があったがやき。


次回に続く!
関連記事

  



2 Comments

オンチャン  

Re: 中平 さんへ

いただきました~。

なっ!なんと・・・☆☆☆☆☆☆ 星6個です~~。(爆)

先人によって、活字になって発表されておりながら、知らないのも変だし、重要視されないのも変じゃないのかなー。

名前は有名でなくても、龍馬所縁の人物ですよねー。

それよりも、高知に勝海舟の筆跡文字がある事の方が、素晴らしいホンマ物の歴史遺産だと思いますが。

> 次は誰のお名前が出て来るのでしょうか?

何だ、やっぱりと言われるかも・・・(笑)

> ご自分で行かれて 発見すると こりゃ宝物やねぇー。

偶に、墓荒らしじゃないかと変な眼で見られるのが、辛いですが・・・(^^ゞ

2010/05/15 (Sat) 09:37 | REPLY |   

中平  

オンチャンさん凄いじゃないですか\(◎o◎)/!

次は誰のお名前が出て来るのでしょうか?

こちらのブログに出されている記事は貴重なものがありますね

ご自分で行かれて 発見すると こりゃ宝物やねぇー。

※旬の記事です星☆☆☆☆☆☆(笑)

2010/05/15 (Sat) 05:00 | REPLY |   

Leave a comment