岡田以蔵の墓 - 数奇な生涯





[ 高知県高知市薊野北町 ]


文久2年(1862)、土佐勤王党員の広瀬健太・平井収二郎・間崎滄浪らが起こした「青蓮院宮令旨事件」が発端となり、ついに山内容堂の堪忍袋の緒が切れ、彼らは文久3年6月9日に切腹させられるがです。

そいて、文久3年8月18日に政変が起こり、藩論が一転すると山内容堂は藩政の実権を掌握し、土佐勤王党への弾圧が始まるがです。

単純に、土佐勤王党が藩を勝手に動かしたと言う怒りの他に、吉田東洋を殺された怨みもあったと思う・・・・・。

それ以降、実権を失った武市瑞山をはじめ、土佐勤王党の同志がことごとく捕らえられて行くがです。

政変後、一人京に潜伏しちょった岡田以蔵じゃったけんど、ついに元治元年(1864年)6月頃、幕吏に捕えられるがですが「無宿者鉄蔵」という名で通したため京洛追放されるけんど、土佐藩に捕えられ土佐に護送され山田橋獄舎に投獄されるがです。

藩は、上士格の武市瑞山を除いた、岡田以蔵をはじめとする土佐勤王党の同志たちに、激しい拷問を加えるがです。

やがて岡田以蔵が井上佐一郎暗殺を自白したのか、慶応元年(1865)5月11日、雁切河原処刑場にて斬首され晒し首となったがです。


岡田以蔵 - Wikipedia
土佐勤王党 - Wikipedia




   
関連記事

  



6 Comments

オンチャン  

Re: 中平さんへ

> 放送されましたね(笑)

恐れ入りました(爆)

> こちらの案内で行って来ましたよ~ 不思議な事に雨がやみました

以蔵さんが、喜んじょったがですよ(笑)

私も行きたかったのですが、ちょっくら他用で・・・。

> 何人かの方達のお話をお聞きすると それぞれの思いがあるのだな・・・
> っと思いました

人それぞれの主観が違えば、皆さんそれぞれに思い入れがありますきにねー。、

岡田以蔵 - Wikipediaに、”暗殺の現場には、武市の指示に従って進んで出ている。武市は、粗暴で愚鈍な(余りにも教養・道徳心に欠けている)以蔵を表だって置くことを良しとせず、裏方として暗躍(邪魔な人物を天誅)させたともいわれている・・・”とあります。

この通りの人物じゃったとしたら、武市や仲間たちが自分達の都合の良い様に利用し、”残虐な人斬り以蔵”を造りあげたとしか思えんがです。

> あらそいはいやです 命令する方にも せられる方にもなりたくないです
> 彼は幕末の犠牲者のような気がします。

御もっとも!

2010/05/11 (Tue) 22:20 | REPLY |   

中平  

普段のようにコメントできなくなっていますこれで送信できるでしょうか?

放送されましたね(笑)

こちらの案内で行って来ましたよ~ 不思議な事に雨がやみました

何人かの方達のお話をお聞きすると それぞれの思いがあるのだな・・・

っと思いました

あらそいはいやです 命令する方にも せられる方にもなりたくないです

彼は幕末の犠牲者のような気がします。

2010/05/11 (Tue) 21:46 | REPLY |   

オンチャン  

Re: 北さん へ

> 岡田以蔵に、こんな心がスッキリしていた一時期があって本当に良かったと思います。

人に信用され頼られると言う一時があっただけでも救いじゃろーねー。

ただ幾等、武市や土佐勤王党から離れろと言われても、最後まで己の信念を通したのは、武市を信頼しちょったがでしょうかねー。

2010/05/10 (Mon) 21:14 | REPLY |   

オンチャン  

Re: みや さんへ

> 弾圧が始まりそうです。

来週は収二郎達が捕まって切腹

8月18日の政変が起きて、公武合体派の巻き返しが始まるがですねー。

2010/05/10 (Mon) 21:05 | REPLY |   

北さん  

スッキリした気持ちに・・・

≫人斬りを続けちょった岡田以蔵の人生に中でも、坂本龍馬の紹介で勝海舟の護衛をしちょった一時期は、心穏やかな時期じゃったかも・・・・・。
≫勝海舟やジョン万次郎、それに勿論、坂本龍馬に信頼されちょったがですき。

岡田以蔵に、こんな心がスッキリしていた一時期があって本当に良かったと思います。
辞世の句、す~と心の中に入ってきました。

2010/05/10 (Mon) 09:07 | REPLY |   

みや  

龍馬伝では、収二郎が捕まるところまで行きました。
弾圧が始まりそうです。

2010/05/10 (Mon) 08:52 | REPLY |   

Leave a comment