間崎哲馬(滄浪)の墓









[ 高知県高知市東久万 ]


間崎哲馬(滄浪)は、、身分をわきまえず藩の改革に着手しようとしたけんど、佐幕派に忌まれ、山内容堂の知る所となって結果的に怒りにふれ、文久3年6月8日(1863)に平井収二郎や広瀬健太らと死罪になったがです。

周囲に、娘・雪と父・母の墓石もあります。
関連記事

  



2 Comments

オンチャン  

Re: ポンさんへ

如何しても民家の直ぐ裏山ですき、プライバシー等の関係を考慮すると、詳しゅう場所は記載出きんがです。
1枚目の写真と、2枚目の写真のの標識を見落とさなければ、比較的楽に辿りつけると思うがです。
念のため、周囲に駐車スペースはないですき、車の場合はご注意を!
楽しい旅になるとエイねー。

2010/04/25 (Sun) 21:42 | REPLY |   

ポン  

先日間崎滄浪の墓について質問した者です。
やっと間崎先生の墓所の所在が分かりました!
…自分の予想と全く見当違いの場所にありました…
このブログを見ていなかったら延々迷うところでした(汗)
一応案内板も立っているのですね。なんとか辿りつけそうです。
本当にありがとうございました!!

2010/04/25 (Sun) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment