日本一高い防波堤 - 安芸漁港 









[ 高知県安芸市津久茂町 ]


日本一高い防波堤と自己主張しちゅう、安芸漁港にある防波堤ながです。

その高さは海面から16mもあり、周囲の防波堤と見比べてみても、その存在感がよう判るがです。

港湾関係施設では「日本一天端の高い防波堤」として全国漁港漁場協会発行の「漁港漁場漁村ポケットブック」に記載されちゅうそうです。

堤防は長さが約254mもあり、干潮時の水面からの高さが16mとの事じゃと。

如何いてこんなに高い防波堤が必要かと思うろー。

港のある場所は、土佐湾の中でも東西に約10km程の海岸が続いちゅう場所で、砂浜を掘削して造った港ながです。

じゃき台風の時など押し寄せる高波は半端なもんじゃないと。

普通じゃと必要ないけんど、場所が違うたら災害から守るためにゃ、こんなに大げさに見えるような構造物も必要不可欠ながですねー。

この高さでも、猛烈な台風の時にゃ防波堤に打ち寄せた波が、空中高く盛り上がり、滝のように降り注ぐそうですき。

自然の力は計り知れんねー。


[ アクセス ]

・土佐くろしお鉄道ごめんなはり線 球場前駅下車直ぐ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment