百々勘左衛門夫婦墓 - 吉田東洋・父方の先祖筋



[ 高知県高知市洞ケ島町 ]


薫的神社の境内に、百々越前から数えて何代後の子孫か判らんがですが、”高知城建設百々越前子孫”百々勘左衛門夫婦墓と彫られた墓石があるがです。

百々越前は、織田信長や秀信に仕え、関ヶ原の戦い後には山内一豊に招聘された人物で、、七千石の築城奉行として迎えられ、住まいのあった高知城の西にゃ今でも「越前町」と言う地名が残っちゅうがです。

高知城を築いたのをはじめ、江戸城の石垣の修復などもしたようながです。

その子孫の一人が、百々勘左衛門です。

因みに、幕末の土佐藩参政・吉田東洋の父、土佐藩馬廻役・吉田光四郎正清ちゅう人は、この百々家から吉田家へ婿養子に入ったそうながです。

またこの吉田家は、元は長宗我部氏の重臣として活躍して数々の功績を残しちゅうようじゃけんど、関ヶ原の戦いで敗れた後、一時は田野に隠退しちょったそうですけんど、その後、山内家から誘いを受け、吉田市右衛門正義の時代に山内家の家臣となったようながです。


[ アクセス ]

・高知城追手門から、北に約700m


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


押してもうたら、土佐の高知の情報発信を続ける励みになりますき、こじゃんと嬉しいがやき。
じゃき、まっことすまんけんど、チックと押してくれんかよ。
頼むきねー。
↓          ↓          ↓          ↓
   
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment