坂本龍馬生誕地碑 - 吉田茂の文字







[ 高知県高知市上町1丁目 ]


坂本龍馬の生家跡に建ちゅう坂本龍馬生誕地碑ですが、この碑は昭和43年に「明治百年記念行事」の一環として建てられたもので、刻まれちゅう”坂本龍馬先生誕生地”の揮毫(毛筆で何か言葉や文章を書くこと)は、昭和27年に土佐出身で当時の内閣総理大臣じゃった吉田茂の書いた文字ながです。

吉田茂は、明治11年(1878)に、竹内綱の5男として、高知県宿毛出身に生まれちゅうがです。

父・竹内綱は、明治維新後に後藤象二郎と共に実業界に入り、板垣退助の自由党創立に参加し自由党土佐派を率いた人ながです。

長男の竹内明太郎は衆議院議員でもあったけんど、建設機械・重機械メーカー・小松製作所の創業者でもあるし、麻生太郎前首相は曾孫じゃと言う事も、知っちゅう人も多いかと・・・・・。


[ アクセス ]

・土電「上町一丁目」電停下車、徒歩すぐ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment