旧山内容堂邸跡 - 散田屋敷



[ 高知県高知市鷹匠町2丁目 ]


現在の鷹匠公園一帯及びその西側が、山内容堂邸(通称、散田屋敷)じゃったがです。


NHk大河「龍馬伝」第5回の最後の方しかよう見んかったけんど、書くべきか書かざるべきか迷った行があったがです。

場面は山内容堂が吉田東洋を起用する場面。

史実だと、吉田東洋が山内容堂に起用されたがは嘉永6年(1853)の事で、山内容堂に提出した「北条泰時論」が高い評価を受け、大目付に任命されるがです。

吉田東洋は文化13年(1816)生まれじゃき、この時、37歳。

また山内容堂は文政10年(1827)生まれじゃき26歳で、大政奉還した時で40歳ぜよ。

それに亡くなった年齢が、山内容堂は明治5年(1872)享年45歳、吉田東洋は文久2年(1862)享年46歳じゃった。

因みに、坂本龍馬は18歳じゃった。

じゃけんど、ドラマの山内容堂と吉田東洋のあの老けようは、なんぜよ?

ドラマじゃきとは思いながらも、チックと処かあまりにも創りすぎやろー。

本人の名誉のため書いちょくき・・・・「あんな年寄りじゃなかったぜよ!」


[ アクセス ]

・土佐電鉄「県庁・市役所前」電停下車、徒歩約5分
関連記事

  



10 Comments

オンチャン  

Re: おりがみさんへ

> 土日にがんばって読みまくりました!

ありがとう。

> 自然や歴史的遺跡、文化財・・人々の暮らしと祭り・・
> なんてせつないくらい「豊か」な土地柄なのでしょう。

もっともっと、一杯一杯、他にもあるがじゃろーねー。

オンチャン自身も、高知の幾等も知っちゃーしません。

上手いこと発掘したら、こじゃんと未知数のある観光モデルが創れると思うけんどねー。

2010/02/09 (Tue) 23:08 | REPLY |   

おりがみ  

もうすぐ追いつきます

土日にがんばって読みまくりました!
自然や歴史的遺跡、文化財・・人々の暮らしと祭り・・
なんてせつないくらい「豊か」な土地柄なのでしょう。


2010/02/09 (Tue) 00:31 | EDIT | REPLY |   

オンチャン  

Re: 北さんへ

> 歴史音痴な自分は、そんな事にも気がつかず、睡魔と闘いながら、
> ふ~ん、ふ~んと、ただ画面を眺めているだけ・・・情けないですね~。

そんな事はないんじゃないのかねー。
何処の地域でも、地元の偉人や敬愛する偉人に対する誇りや思い入れは、人一倍に強い気き、雄弁に語るがやき。
偶々、それが龍馬さんちゅうだけやきねー。

2010/02/07 (Sun) 00:19 | REPLY |   

北さん  

みなさん、すごい!

みなさん良く観察しながら見てますね~。驚きです。
それに歴史もよくご存知で感心します。
俳優も、龍馬役の福山雅?(もう忘れてる)さんぐらいです。
歴史音痴な自分は、そんな事にも気がつかず、睡魔と闘いながら、
ふ~ん、ふ~んと、ただ画面を眺めているだけ・・・情けないですね~。

2010/02/06 (Sat) 10:16 | REPLY |   

オンチャン  

Re: おりがみ さんへ

> おりがみも「えー、これはおかしい!」って思ったふけ方でした・・。水戸のご老公か忠臣蔵の吉良上野介か?みたいな・・。

武市半平太は、容堂から褒められたと思うて有頂天になっちょったけんど、逆に地べたにはいつくばってまで嬉しいか?って思うたり・・・・・。

廊下の上から、見下した仕草などを見ていると、元々嫌いな容堂が、余計に嫌いになったがです。(爆)

オンチャンにも、吉良上野介に見えたがですき。

> 今月末、高知へお邪魔いたします。それまでにオンチャンさんの記事全部読むぞ!

ありがとー。

桜にはチックと早いけんど、城西公園の寒緋桜や黄梅は見頃かもね。

2010/02/06 (Sat) 04:58 | REPLY |   

おりがみ  

こんどーです!(古)

おりがみも「えー、これはおかしい!」って思ったふけ方でした・・。水戸のご老公か忠臣蔵の吉良上野介か?みたいな・・。


今月末、高知へお邪魔いたします。それまでにオンチャンさんの記事全部読むぞ!

2010/02/06 (Sat) 00:40 | EDIT | REPLY |   

オンチャン  

Re: 東洋劇場さんへ

> 近藤正臣さんは26歳には絶対に見えませんでしたね (笑)

いくらドラマじゃと思うても、如何なもんかねー?
見た人は、信じるよねー。
山内容堂は「ジジイ」じゃったと・・・・・

2010/02/05 (Fri) 22:22 | REPLY |   

オンチャン  

Re: みや さんへ

山内容堂が藩主に付いたがは22歳のときながです。

そんで、福井藩主・松平春嶽、宇和島藩主・伊達宗城、薩摩藩主・島津斉彬と交流を持つようになって幕末の四賢侯と称されたがですねー。

けんど、次期将軍に一橋慶喜を推したけんど、井伊直弼は紀州藩主・徳川慶福を推し、結果的には、大老・井伊直弼に政治的に敗れ有名な「安政の大獄」が起こるがです。

この処置に憤慨して、山内容堂は隠居願いを幕府に提出するがです。

山内容堂 - Wikipedia

2010/02/05 (Fri) 22:18 | REPLY |   

東洋劇場  

おはようございます!

オンチャンさんの記事を読みながらドラマを観るのが
楽しみになっちゃってます。
近藤正臣さんは26歳には絶対に見えませんでしたね (笑)

2010/02/05 (Fri) 11:18 | REPLY |   

みや  

山内容堂は、隠居したので、この時期は老人かと思っていました。昔は、若く隠居するのですね。政治的な理由からだったのでしょうか。

吉田東洋が岩崎弥太郎を見出すのでしたよね。あの東洋役の名前は出てこないのですが、、注目したいです。

2010/02/05 (Fri) 07:14 | REPLY |   

Leave a comment