近藤長次郎 - 術数有り余って至誠足らず



[ 高知県高知市上町2丁目 ]


長次郎は、単独で英国留学の為に密航しようとして、亀山社中の仲間たちに発覚し、海援隊の掟に従い罪で切腹して亡くなっちゅうがです。

この時、坂本龍馬は薩長同盟締結のため京都に居ったき、龍馬が不在中に起きな悲劇の一つじゃねー。

「坂本龍馬手帖摘要」にゃ、長次郎のことを「術数有り余って至誠足らず。上杉氏身を亡ぼす所以なり」と嘆いたとあるそうです。

ようは、「頭が良いけんど己の野望が先走ってしまって、海援隊の仲間に対する”英国留学”をしたい旨を納得をしてもらうように、説明や同意を願う誠意が足らんかったき、自分自身で墓穴を掘った」と言うようなことでしょうか。

今日風に言うたら、「自己中心的な空気読めない」ような、人物なんでしょうか。

悪く言ったら「自分勝手でずる賢い」・・・・・

けんど”才能”は土佐藩からも認められたき、苗字帯刀も許された程の人物じゃけんど、饅頭屋と言われ龍馬に愛されちょった割には、他の海援隊の隊士には不人気だったと言われちょります。

NHK大河「龍馬伝」じゃ、近藤長次郎を大泉 洋が演じるがじゃけんど、なんかイメージがぴったりな気がするき(爆)


[ アクセス ]

・土佐電鉄「上町二丁目」電停下車、徒歩直ぐ
関連記事

  



2 Comments

オンチャン">

オンチャン  

Re: おりがみさんへ

オンチャン">

知り合いが、麻酔が覚めて痛さから「死ぬ~」って叫んだら、余計に痛みが倍増して、涙目で一言「もう、いかん」と言うちょりました。(^^ゞ

2010/08/24 (Tue) 21:53 | オンチャンさん">REPLY |   

おりがみ  

にちょうめ・・

ここも通った・・。
ドラマではええ人っぽく描かれてましたね。
切腹ってホントいたそう。(麻酔して切ってもあんだけいたいのに・・)

2010/08/23 (Mon) 09:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment