えがに - 土佐の高知の冬の味覚

091215-1.jpg


高知市の浦戸湾に生息する特産物で、高知市では一般に「えがに」と呼ばれるけんど、中には「真がに」と言う人もおるが。

と言うのは、一番美味い「かに」じゃき、「真がに」と言う呼び方もあるくらいなが。

この種のかには「ガザミ」とか「ワタリガニ」の別称でも呼ばれるがですが、水揚げ量自体が少のうて、商業ベースが出来る北限が浜名湖あたりじゃとか。

ただ浜名湖の方は、禁漁期があって夏から秋へかけての一時期しか食べる事が出来んようで、地元でしか味わえない稀少品扱いで値段も結構するようながです。

けんど此処・高知市じゃ禁漁期はのうて年間を通じて水揚げされるがですが、一匹で500g以上が普通じゃきやっぱし高嶺の花の高級食材じゃけんどねー。

高知市じゃ年間通じて見かけるけんど、やっぱり旬は11月末頃より2月末までの、今の時期ながよ。

特に腹に半熟の黄身のような卵の内子を抱えたメスは美味いのなんのって、中には一匹1Kg以上の大物もあるぜよ。

このカニのハサミは大きゅうて硬いきねー。

なんぜも、挟む力が1tはあるがじゃないかと言われるくらい強力じゃき、指でも挟まれて怪我せんようにと、写真のようにハサミを縛って売られゆう。

食べ方は、茹でるよりも蒸して食べるがが最高じゃき。

味が濃厚で、内子をたっぷり抱えたメスガニは、寒い時期だけに食べられる土佐の高知の冬の風物詩ながですき。

ただ「えがに」は、普通のカニと違うて通常泥の中で生育しちゅうがやきき、よう加熱調理する事を忘れんようにしいよ。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment