龍馬の泳いだ鏡川

091113-1.jpg

091113-2.jpg

091113-3.jpg

[ 高知県高知市上町1丁目 ]

写真は、鏡川に架かる月ノ瀬橋の中ほどから撮った写真で、下流に見える橋が柳原橋で、前にもご紹介した、鏡川にあった最古の沈下橋は、柳原橋の少し手前側に架かっちょりました。

写真の柳原橋の下流左岸のこんもりした森が山内神社で、旧・山内容堂邸跡のあった所じゃし、その下流には後藤象二郎や板垣退助の上士たちの屋敷があった。

一方、柳原橋の下流右岸には、こんもりした森が潮江天満宮で、その右の筆山には山内家の墓があり、麓には山内家の菩提寺・真如寺があるがです。

龍馬がこんまい時、この川で泳いだと言う事が知られちょりますが、多分、柳原橋の上流のこの辺りじゃろうと思われます。

自宅や日根野道場に近い川岸ですき。

因みに、当時の鏡川には潮江大橋しかなかったそうながです。

やはり土佐藩主が菩提寺の真如寺や藩祖の墓参りにのために造った橋だけで、それ以外は渡し舟じゃったそうです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment