朽木峠越え 3 - 脱藩の道登山道に足を踏み入れる

091102-1.jpg

091102-2.jpg

[ 写真の通過点/高知県高岡郡佐川町川ノ内組・脱藩の道登山道登り口 ]

脱藩の道登山道登り口周辺は、一応舗装されちゅう。

091102-3.jpg

登山口の坂の先に、一軒の民家が見える。

この先には民家は無く、下界との最後の境界線。

091102-4.jpg

田の横の土手のように高くなった道を、奥へと進む。

この一寸先から、舗装はのうなっちょります。

091102-5.jpg

脱藩の道登山口から約10分弱位で、薄暗い杉木立の中に道は吸い込まれてゆく。

途中、大きく左にカーブした道の先に、杉の大木が道路を遮断するように切り倒されちゅう。

聞いた話によると、この道をバイクで上って来る龍馬ファンと称するバカライダーがいるようで、その防止のためじゃろうか。

倒木を跨いで、先に進む。

091102-6.jpg

暫く坂を登ると突然視界は開け、再び脱藩の道登山口から先に延びちょった、未舗装の林道に出るがです。

此処までは、殆ど平坦に近い区間で、意外と楽な道のりじゃったがです。

葉山街道の入口から、脱藩の道登山道入口間も脱藩の道じゃけんど、林道に整備されちょって、雰囲気すら感じられないけんど、やっと脱藩の道を歩いちょる気分になった区間ぜよ。

この区間の距離は正確には判らんがですが、標高は約470m程の地点です。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment