戸の本古戦場跡 - 長宗我部元親初陣

091015-1.jpg

091015-2.jpg

091015-3.jpg

[ 高知県高知市長浜 ]


永禄3年5月(1560)、種崎から御畳瀬に上陸した長宗我部国親、長宗我部元親父子と、この地域を支配下に置いちょった本山茂辰との合戦で、両軍合わせて3500余りが相激突した古戦場跡ながです。

長宗我部元親は22歳の初陣で、長浜城を陥落させ初陣を勝利で飾るがでして、その武名は一日にして敵味方に知れ渡ったと言われちょります。

土佐の一国だけじゃのうて、その後の四国制覇の第一歩を刻んだ戦いじゃったがです。

今は、周辺が住宅地になっちょりますけんど、当時は荒野じゃったこの地に、大勢の戦死者が葬られちょったがですが、江戸初期に新川川の運河開削工事が行われた頃から、周辺が田畑として開拓された際、無数の人骨出てきたがじゃそうです。

この石碑はその当時に建てられたようなが。

石碑には「古墳也勿毀(古墳なり、こぼつなかれ)」と彫られちょり、意味は「ここは古い墳墓のある土地じゃき、無暗に掘り返したらいかんぜよ」と言う事ながです。


[ アクセス ]
・南はりまや橋(10番乗り場)から、県交通バス「仁野・宇佐方面 宇佐行」で約20分
 「向山団地前」下車、徒歩で約600m
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment