追手門 - 高知城

090917-1.jpg

090917-2.jpg

090917-3.jpg

[ 高知県高知市丸ノ内1丁目 ]


慶長年間に創建され、1663年(寛文3)に崩壊したのを翌年に再建されちょって、切石を積んだ石垣の桝形上に、南面して建てられた両脇戸付櫓門で、屋根は入母屋造の本瓦葺となっちゅう。

最初は「大御門」と呼ばれちょったそうじゃけんど、今では「追手門」と呼ばれちゅうがです。

敵が攻めてきたら、門の3方から攻撃でき、2階部分には「石落し」の仕掛けがあるがです。

全国に現存しちゅうお城の中でも、天守閣と大手門が残っちゅうがは、「弘前城」と「丸亀城」と此処「高知城」の3城だけじゃけんど、その中でも「追手門」と「天守閣」が一つのアングルで写真に収まるがは、この「高知城」だけぜよ。

忘れんと「記念」に撮っちょきよ。


[ アクセス ]
・土佐電鉄「高知城前」電停から徒歩すぐ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment