竜王宮 - 桂浜

090913-1.jpg

090913-2.jpg

090913-3.jpg

090913-4.jpg

[ 高知県高知市浦戸・桂浜 ]


桂浜と言うたら、台風中継や何やらでお馴染みの、この景色(一番上の写真)。

その龍王岬(下龍頭岬)の先端に建つ小さな祠は「海津見(わだつみ)神社」言うて、通称「龍王宮」と呼ばれちょります。

因みに、坂本龍馬像のある岬側は上龍頭岬と言うがでして、上龍頭岬と下龍頭岬の間を桂浜と言うが。

祭神は「大海津見神」ですき、海の神さんじゃねー。

海上の安全を護る神さんで、昔は地元の漁師が海に出る時にゃ、その奥さんらーが安全と大漁を祈願するため、社前で酒を酌み交わしたと言われちゅうがです。

毎年、旧暦3月15日の満月の頃にゃ、「海津見神社」の春の大祭が行われるがです。

江戸時代から伝わる行事で、近年は神事だけになっちょったがですが、2008年に復活しちゅうがです。


[ アクセス ]
・はりまや橋電停から徒歩すぐのバス停「南はりまや橋」から、県交バス桂浜行きで30分
 バス停「桂浜」下車 徒歩5分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment