旧”春野町”の町章の行方は・・・・・

090909-1.jpg

[ 高知県高知市春野町 ]


旧”春野町(旧・高知県吾川郡春野町)”の「農業集落排水=農集 (下水道設備)」のマンホールの蓋ながです。

此処「春野町」はアジサイが有名な場所じゃき、図柄も「アジサイ」が描かれちょります。

中央は、旧”春野町”の町章ですなー。

車のハンドル・・・・・山内家の三つ葉柏にも見えんことはないけんど、何のマークじゃろー?

チックとネットで調べたけんど、判らんかったがですが、驚いたことに「高知県の市町村章」を見たら、昔は61市町村あったがが、34市町村まで減っちょりました。

殆どが、「平成の大合併」で、消滅したがです。

小泉内閣の時、”三位一体”の改革して行われた悪改正(じゃと思うちょります)「平成の大合併」の結果、古来より続くような”多様な自治性、文化・歴史を無視して広域行政へと走った悲劇”など、書きたいことは一杯あるけんど、今回は書かんがです・・・・・(^^)

ただ、日本全国、何処の地域に行っても「地方性が無くなった」事は、明白な事実ながです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment