竜神さんは「幸福の神さん」 - 樽の滝・竜神宮

090831-1.jpg

090831-2.jpg

090831-3.jpg

090831-4.jpg

[ 高知県高知市鏡今井・樽の滝竜神宮 ]


滝壺の側にあるこの「龍神宮」は、ある年の”干ばつ”続きの折、この神さんに雨乞い祈願をしたそうな。

そいたら、空がにわかにかき曇って激しい雷雨と共に、この地区に恵みの雨が降ったと、それ以来、地域の住民から偉大な神さんと崇められるようになったそうながです。

言い伝えじゃと、滝壺の渕にゃ「雌」の大蛇が住んじょって、山向こうにある平家の滝の「雄」の大蛇と互いに行き来しゆうき、「決して水に入ったらいかん」と信じられちょります。

この「竜神さん」は、”縁結びの神”としても有名なようで、お参りすると”良縁に恵まれ”、”恋愛が成就”するとも言われちゅうようで、不思議と幸福になる人が多いき、「幸福の神」じゃと言う事なが。

恋人たちの隠れた”デートスポット”で、オンチャンが行った時も2組のカップルが来ちょりました。

高知市内からじゃと50分位の道のりじゃけんど、途中から車がすれ違うにも余裕の無いような狭い山道がに続いちゅうきに、充分気をつけよ。

昨日の「清き一滴 - 樽の滝」で紹介した、滝入口にある某女流作家のイタリアンカフェは、「cafe La cascade(カフェ・ラ・カスカードゥ)」と言うお店です。

” cascade”は、フランス語で「滝」の意味じゃと。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment