吉野(南北)朝廷時代古戦場跡

090821-1.jpg

090821-2.jpg

[ 高知県高知市升形・出雲大社 ]


此処は”升形”にある「出雲大社」の入口で、昨日ご紹介した、”「南北朝」所縁の地 - 大高坂松王丸の記念碑”に関連する場所なが。

南朝方・「大高坂松王丸」の本拠地は、現在の”高知城”、北朝方の足利尊氏の重臣「細川氏」の拠点がこの近辺にあったとされる「安楽寺」じゃったそうで、土佐に下向した南朝の皇子「花園宮満良親王」は”大高坂城”を救援のため、”潮江山(筆山)”に陣取ったそうながです。

そして繰り広げられた、土佐に於ける”南北朝”両軍の最大の激戦地が此処じゃったそうです。

が、北朝方は徐々に包囲を狭め、「花園宮満良親王」の拠点”潮江山(筆山)”を落とし、ついに「大高坂城」は”落城”したがです。

こうして1340年、土佐での「南北朝」の争いには、「北朝勝利」で終止符が打たれたがです。


[ アクセス ]
・土佐電鉄「枡形」電停下車・直ぐ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment