今日「全国大会」と後夜祭 - 第56回よさこい祭り

090812-1.jpg

090812-2.jpg

090812-3.jpg

090812-5.jpg

090812-6.jpg

090812-7.jpg

090812-8.jpg

090812-9.jpg

090812-10.jpg

[ 高知市内 ]


昨日「本祭」2日間目のようすなが。

皆ー、笑顔がエイね~。

只、気になるがは大爆音で流される「よさこい節」じゃない、各チームのテーマ曲。

ヒップホップあり、ロック調あり、よさこいとは迂遠のようなリズムがあったり、中には本人達は楽しんじゅうようじゃけんど、如何見ても「ふざけちゅう」としか見えんようなチームもあって、幾ら自由に踊れるがが「よさこい」じゃ言うても、限度があるがと違うが・・・・・?

今や、ダンス大会の様相を見せてきちゅう。

「よさこいソーラン」が始まった時、高知の「よさこい祭り」のパクリじゃと言いよたけんど、そのパクリが全国に広がって、逆に「よさこいソーラン」や東京の「スーパーよさこい」の方が元祖のように思われ、今や高知の方が「パクリのパクリ」に見えてしまうがです。

地元民が一寸覚めかけちゅうようにも見えるがぜよ。

そんな中で、地元チームの「正調よさこい節」で踊る姿を見ると、一寸ほっとしますけんど。

けんど、やっぱし「よさこい」はエイですき。

今日は「よさこい祭り」も最終日で、全国大会と後夜祭が行われます。

当初、大雨で出鼻をくじかれた「よさこい祭り」じゃったけんど、暑い夏も戻んて来て、踊り手さんらーは、フィナーレまで熱い熱気と笑顔で「燃え尽きる」一日ながですき。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment