夏祭り - 朝倉神社

090724-1.jpg

090724-2.jpg

090724-3.jpg

090724-4.jpg

090724-5.jpg

090724-6.jpg

090724-7.jpg

090724-8.jpg

090724-9.jpg

090724-10.jpg
[ 高知県高知市朝倉丙・朝倉神社 ]


何時になったら、高知も梅雨明けするがじゃろうか・・・・・。

昨日は天気が良かったけんど、今日は朝から曇り空で、この時間、まだ本降りじゃないけんど、ポツリポツリと”落ちて来ゆうがです。

今夜は「朝倉神社」の夏祭りながでして、雨に降られんうちにと思うて、写真を撮りに”すっと行ってすっと”帰って来たがやき。

参道から続くお定まりの夜店の列。

子供の頃、親から貰った小遣いを握り締めて、夜店から夜店を覗きながらワクワクしたことが蘇って来るがです。

実はこの「朝倉神社」の夏祭りにも、7月18日・19日投稿の「絵金祭り」でも紹介したけんど、参道に絵金の芝居絵が並ぶが。

表裏に4双、計24双の絵屏風を大台にはめた台提灯が並び、その下をくぐりながら、本殿に足を運ぶがです。

「絵金」の絵の特徴は、貝殻を焼き砕いて粉末にした胡粉と膠(にかわ)を混ぜて造った泥絵の具で、特にひと際目立つ”赤い色”は、怪しげでオドロオドロシイ「絵金ワールド」そのものながです。

お祭りの時の、蝋燭や提灯の明かりの元で実物を見たら、絵金の魅力がよう判ると思うぜよ。

本当はオンチャンも、もう一寸暗くなるまで待ちたかったけんど、雨には勝てんきねー。

また来年でも、再度撮影にトライです・・・・・。


高知県内の夏祭りにゃ、こうした「土佐芝居絵屏風」が展示されるお祭りが多いがでして、これからでも見る事が出来る夏祭りは、次の「絵金蔵日々随想」と言うサイトに日程が出ちょります。


[ アクセス ]
・JR土讃線「朝倉」駅下車、参道入口まで約300m
・土佐電鉄「朝倉駅前」電停、 参道入口まで約300m
・土佐電鉄「朝倉神社前」電停、 参道入口まで約250m
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment