地球33番地

080315-06.jpg

[ 地球33番地の白い”モニュメント” ]
080315-05.jpg

[ 地球33番地の正式な位置に立つ”シンボル” ]
080315-04.jpg



[ 地球33番地  高知/高知市弥生町江ノ口川 ]

ここは高知市の中にある、「東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒」の地点じゃ。

地球上で、1から9までの数字がこんな感じで並ぶ所は、東経で「00度・11度・22度・33度・44度・55度・66度・77度・88度・100度・111度・122度・133度・144度・155度・166度・177度」の17ヶ所と、南緯北緯2ヶ所の「(17×2)-1(00度が重複)」の、33ヶ所しか無いが。

けんど、残り32箇所の殆どは、海や砂漠、 大平原の中で、そこへ到達するのが非常に困難な所ばかりで、高知のように簡単に足を運べる所は無いがです。

「地球33番地」の由来は、昭和37年に、高知ロータリークラブが、”度/分/秒”に同じ数字が12個も並ぶ非常に珍しいこの地点をアピールするために、「地球33番地」宣言をしたのが始まりらしいがです。

正式な地点は高知市内を流れる江ノ口川のほぼ中央にあり、今ではシンボル塔が建っちょります。

白いモニュメントの斜め前に、「33ショップ(地球33番地クラフト工房) 高橋デザイン事務所」さんのお店に行ったら、「到達証明書」を発行してくれるそうです。

080315-03.jpg

”33”言うたち、長嶋茂雄を讃えるモニュメントじゃ無いがですき、くれぐれも間違えんようにしてや。


[ アクセス ]
・路面電車で宝永町、もしくは知寄町1丁目下車、徒歩約10分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment