ミレービスケット - 懐かしい味

090629-1.jpg


スーパーで見かけ、懐かしくって買って来たがです。

この「ミレービスケット」は、昭和30年頃から出回り始めたようで、高知で育ったもんには思い出が一杯詰まったような、懐かしい「B級」のお菓子ながです。

造りゆうがは、高知の「野村煎豆加工店」言うて、甘納豆や豆菓子など豆類全般造りゆうけんど、その中に「ミレービスケット」があるが。

ビスケットを、豆菓子を揚げた油で一緒に揚げ、天日塩を振っただけのお菓子じゃけんど、独特の風味とサクサク感がたまらんがです。

「かっぱ・・・・」じゃないけんど、食べ始めたら「やめられない、止まらない・・・・・」って感じながよ・・・・・(^^♪

一寸調べたら、類似品を含めて「ミレービスケット」と言うて販売しゆうがは、高知と愛知県の一部周辺だけじゃそうながじゃと。

ただ名称は愛知県周辺が「ミレーフライ」で、高知は「ミレービスケット」と言うがですが、何で「ミレー」というかは不明じゃそうですねー。

高知県内じゃったら「スーパー」等で売りゆうき、まあ食べてみいや。

オンチャンは、「ビール」片手にツマミ食いしながら、書いちょります・・・・・旨いっ!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment