地蔵渡し - 国府史跡

090619-2.jpg
[ 後ろの森は、四国霊場第29番札所・国分寺 ]

090619-3.jpg
[ 比江方面 ]

090619-4.jpg

[ 高知県南国市国分 ]


下部の地図の国分川に橋が出来たがは明治30年(1897)で、それまで国分川を渡るには、此処にあった渡し舟が唯一の交通手段じゃったがです。

丁度、この「お地蔵さん」の前辺りじゃったようです。

”四国霊場第28番札所・大日寺”から続く遍路道を歩いて来て、対岸から”渡し舟”に乗ってこの「地蔵尊」の前に上陸すると、直ぐ後ろには”四国霊場第29番札所・国分寺”の森が目の前に見えたがですねー。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment