父養寺のあじさい

090605-4.jpg

090605-5.jpg

090605-6.jpg

090605-3.jpg

090605-2.jpg

090605-1.jpg

[ 高知県香南市野市町父養寺・父養寺あじさい街道 ]


高知市近郊のもう一箇所のアジサイの名所が、この「父養寺あじさい街道」で、今年も上井川(用水路)沿い1.2kmの道沿いに、咲き始めちょります。

「父養寺」というのは地名で、由来は西暦866年の「応天門の変」で土佐に流された「紀夏井」に起因しちゅうがです。

この事件に、異母弟の「紀豊城」が首謀者の一人として逮捕された時、肥後国司在任中じゃった「紀夏井」も連座責任として官職を解かれ、土佐に流されてきたそうなが。

けんど、この地に住んだ「紀夏井」は、地元の皆ーには病気を直したり善を尽くしたき、こじゃんと慕われたがやと。

その「紀夏井」が両親の菩提を弔うために建てた寺が「父養寺」と「母代寺」じゃったそうです。

因みに「母代寺」の地名も残っちょりまして、この「父養寺アジサイ街道」の東側、四国霊場28番札所・大日寺近辺がそうながです。

この「父養寺あじさい街道」と呼ばれちゅう遊歩道は、昔は不法投棄でゴミの放置場所じゃったそうながです。

あまりの見苦しいがを見かねた地元・父養寺の「岡田」のオンちゃんと西佐古の「横田のオンちゃんが、丹精こめて手を尽くし此処まで見事なアジサイの遊歩道にしたがです。

行ったらお二人に遭遇出来るかもしれんぜよ。

今では御覧のように遊歩道一杯にアジサイが咲き誇り、見物人も仰山集まるようになってきちゅう。

見頃は6月中旬ぐらいかなと思うちゅう。

上井川では夜は蛍も飛びゆうし、春になったら桜の並木に変わるがぜよ。

ただ残念ながら、此処へは「公共交通機関」ないがですけんど、近場には下記のような見所もあるが。

090605-7.jpg


[ アクセス ]
・残念ながら、公共機関はないが。

・土佐くろしお鉄道なはり線 のいち駅下車 約3Km (タクシーで約5分)
・JR「土佐山田」駅下車 約3Km (タクシーで約5分)
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment