横倉山自然の森博物館

090514-1.jpg

090514-2.jpg

090514-3.jpg

[ 高知県高岡郡越知町越知丙 ]
「横倉山」でも触れたように、此処は”日本で最も古い4億年以上前の地層帯で、「日本列島の歴史は横倉山に始まる」といわれちゅう場所やか。

こがな自然を生かそうと、平成9年にオープンした博物館で、横倉山の自然生態や地質や化石、それに植物学者・牧野富太郎博士の足跡を学ぶことが出来る自然史博物館やき。

建物は世界的な建築家・安藤忠雄さんの設計で、自然の中に溶け込んじゅうような博物館なが。

また此処からの眺めもエエぜよ。(一番下の写真)

因みに、横倉山や博物館への登り口になっちゅう宮ノ前公園は、秋になると「越知コスモス祭り」の開催されるコスモス畑が広がるきねー。(写真は、コスモスの開花時のがやき。)

また、その奥の橋、仁淀川に架かる中仁淀川橋ちゅう「沈下橋」ながぜよ。(越知町内にゃ、合計4つの沈下橋があるが。)

この沈下橋は、昔は飛び込めるばあ水の深さがあったそうやけんど、”川砂採取”で河床が下がっちゅうため危ないきに、通常時は取り外しの出来る手摺が付いちゅうけんど、大雨の時にゃ冠水する沈下橋やき。

清流と沈下橋ちゅうイメージは如何したち「四万十川」やけんど、この「仁淀川」も清流として有名で、沈下橋も存在しちゅう。

機会があったら、「横倉山」や「仁淀川」周辺散策も、高知観光の目的の一つとして来てみちゃー如何ながかねー。


[ アクセス ]
・高知駅から土讃線 須崎・中村方面「佐川駅」下車
   バスに乗り換え「宮の前」停留所下車、徒歩約5分。

・車の場合は伊野ICから国道33号線を松山方面に約30分。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment