兼山神社

090414-1.jpg

090414-2.jpg

[ 高知県高知市吸江 ]

五台山の中腹にある、兼山神社です。

野中兼山先生は、土佐藩政期初期に、県下の新田開発、治水、治山、河川の灌漑事業など数多くの産業開発に力を尽くし、次の時代を見据えた政治を行い土佐藩の三大政治家とされる「名執政」ですけんど、いつの時代にもいる政敵によって不幸な晩年を送った野中兼山さんを祀った神社ながです。

江戸から、蛤を沢山積んだ船が浦戸湾に着いた時、民衆は大喜びじゃったがですが、兼山は「この蛤は後世のために育てなければならん」と、蛤を全て海の中に放り込んでしもうたそうながです。そのため民衆は怒ったがですが、次の年からは蛤が育ちたくさん取れるようになったと言う「逸話」も残っちょるようです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment