09.03.25 - 和霊神社の龍馬桜



[ 高知県高知市神田・和霊神社 ]

和霊神社は宝暦十二年(1762)龍馬の祖先である才谷屋三代目「八郎兵衛直益」が宇和島にある和霊神社の主祭神、山家清兵衛公頼に感銘、その御霊を坂本家の守護神にしようと分霊して建立した神社です。

文久2年3月24日、龍馬28才の春に、「神田の桜を見に行く」と言い残して、この和霊神社に立ち寄りそのまま脱藩した場所とされちょります。

鳥居の脇の桜の根本には「龍馬桜」と書かれた木の碑が建つちょりまして、御覧のように満開になっちょりました。

3月29日(日)には「龍馬脱藩祭」が13:30~行われるぜよ。

オンチャンは、今日午後から東京に出張して来たきに、午前中この桜見物兼ねて神社に御参りし「脱藩」して来たがです・・・・・(^^ゞ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment