立志社跡 - 自由民権運動



[ 高知市帯屋町1丁目 ]

1874年に、「板垣退助」・「片岡健吉」・「植木枝盛」・「林有造」らによって設立された自由民権運動の中心となった「立志社」があった所ながです。

明治維新後の藩閥政府による政治に対して、議会の開設、地租の軽減、不平等条約の改正、言論と集会の自由の保障などの要求を掲げ、明治十四年には自由党へと発展していくがです。

今の自由民主党は、1955年に自由党と民主党 が合併して出来た政党で、「板垣退助」らが起こした自由民権運動の流れをくむ。

しかし、今の自由民主党は、幾ら国民の代表とは言え「世襲」や大物と呼ばれる代議士たちの「擁立地」等から見ると、明治維新後の「藩閥政府」に等しいように思える。

「板垣退助」らが唱えた自由民権運動の考えを、「明治維新」ならぬ「平成維新」にするため今一度思い起こす時期かと思うぜよ。

「自由は土佐の山間より出づ」いい言葉じゃねー。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment