殉節之碑 - 武市瑞山



[ 高知県高知市本町4丁目 ]

[県内各地] 香南市 「土佐勤皇党血盟 - 龍馬歴史観」でも触れちゅうけんど、「武市瑞山」は土佐勤王党を結成し、土佐藩を挙げて「尊皇攘夷」を藩の上役に進言するがですけんど、時の土佐藩参政「吉田東洋」の考え方は「開国論」と「公武合体論」を唱えちょったき、「尊皇攘夷」など受け入れられんがでした。

結局、「半平太」は藩上げての「尊皇攘夷」を押し進めるため、考え方の異なる「吉田東洋」に刺客を差し向け、文久2年(1862年)4月8日、那須信吾ら土佐勤王党員3名によって「吉田東洋」は暗殺されるがです。

一時期は、、「武市瑞山」の思うように土佐藩を動かしたかに見えたけんど、その後の政変により捕らえられ、吉田東洋暗殺の罪により「山内容堂」により、慶応元年(1865)閏五月十一日切腹をさせられたがです。


[ アクセス ]
・路面電車で大橋通り下車すぐ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment