山内容堂の銅像

080217-12.jpg

[ 大政奉還を慶ぶ山内容堂公  高知/高知市鷹匠町 ]

鯨海酔候と自称した容堂公らしく、杯を片手にゆったりとくつろいじゅう。

司馬遼太郎の「酔って候」は、山内容堂が主人公として登場する。

また、柳ジョージの歌に「酔って候」ってあるがを知っちゅうが。

♪土佐の鯨は 大虎で 腕と度胸の男伊達 いつでも 酔って候・・・・


[ アクセス ]
・土佐電鉄(路面電車) 県庁前電停より徒歩5分
・「はりまや橋」よりタクシーで5~10分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment