本殿正面 - 朝倉神社

090119-1.jpg

090120-1.jpg

[ 高知県高知市朝倉丙・朝倉神社 ]

正面側は、造りの関係で外からは良く見えませんけんど、写真の木鼻は「象」と「牡丹」のようです。

「木鼻」と言うのは「木の端」を意味しているともいわれ、頭貫や虹梁と呼ばれる部分の木の端が柱から突出した部分に施された彫刻の事です。

木鼻の種類は、「象」・「龍」・「獅子」・「獏」等の動物や、「唐草模様」・「牡丹」・「波」・「雲」等をアレンジした物があるようです。

普通良く見かけるのは「龍」と「獅子」で、以前ご紹介した「潮江天満宮楼門」にも「龍」と「獅子」の木鼻がありましたよ。


[ アクセス ]
・JR朝倉駅から徒歩約5分
・土佐電鉄伊野線 「朝倉神社前」駅下車、徒歩約5分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment