本殿左側 - 朝倉神社

090118-1.jpg

090118-2.jpg

090118-3.jpg

090118-4.jpg

090118-5.jpg

090118-6.jpg

[ 高知県高知市朝倉丙・朝倉神社 ]

左側も、神仙図のような絵が描かれちょります。


京都府亀岡市にある大井神社の由緒を書いたものにも、この絵のような話があるので、チックと紹介を。

伝説によると祭神が神使の亀に乗って保津川を遡上したそうじゃけんど、流れが急で乗り切れんかったきに、鯉に乗りかえて、上陸して鎮座したとされちゅうがです。


この絵も、祭神が「老人」で描かれちゅうけんど、鯉の背に乗って滝を遡上しようと言う絵のようです。

また「鯉の滝登り」は、黄河の急流にある竜門という滝を登ろうと、多くの魚が試みたけんど、ほんの僅かな鯉だけが登りきり、竜に化身することができたと言う故事です。

ここで言う「滝」とは、落差のある本当の「滝」ではなく、流れの急な「早瀬」のことのようじゃねー。

因みに、この絵と朝倉神社の縁起と関係あるかはよう判らんけんど、神社の側には「鏡川」と言う川があるがです。

ただ、緩やか~な川ですが・・・・・(^^ゞ


[ アクセス ]
・JR朝倉駅から徒歩約5分
・土佐電鉄伊野線 「朝倉神社前」駅下車、徒歩約5分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment