鳳凰舞う - 潮江天満宮

090105-3.jpg

090105-1.jpg

090105-2.jpg

[ 高知市天神町 ]

以前にも一度紹介しちょりますが、この楼門の彫刻が素晴らしいので、改めて全貌を数回に分けてご紹介したいと思うがです。

楼門の入口上を見上げると、写真の様な青い羽を大きく広げた鳳凰が舞っちょり、見事なとしか良いようがない存在感があります。

この鳳凰の彫刻を手がけたのは、明治の名工「島村三四郎」と言う人だそうです。

ただ、他の彫刻の作者が全て名工「島村三四郎」作か如何かは不明じゃけんど、どれも素晴らしいもんながです。

高知市指定の「有形文化財」になっちょります。


[ アクセス ]
・路面電車で大橋通り下車、徒歩約15分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment