郡境の碑 - 「従是東吾川郡」「従是西高岡郡」

081029-1.jpg
[ 従是西高岡郡の名文から見て下流が、吾川郡側で仁淀川大橋を渡れば高知市春野町 ]

081029-3.jpg
[ 従是東吾川郡の名文から見て上流左側が高岡郡(現在、土佐市) ]


[ 郡境の碑  土佐市/中島 ]

仁淀川の堤防上に、ご覧の「郡境の碑」があるがです。

今は、この境は「高岡郡」でも「吾川郡」でも、のうなっちゅうがです。

と言うのは「高岡郡」とされる地域は、1959年(昭和34年)の改称・市制施行で変わり、「吾川郡」とされる地域も、今は一部「土佐市」にあり、対岸は平成の大合併により「高知市春野町」になちゅうがです。

上記で、一部「土佐市」としたのは、仁淀川大橋詰辺りの「中島」という地域は、今から約400年前の天正地検帳によれば吾川郡森山村(現在、高知市春野町)に属し、中洲じゃったがらしい。

その後の度重なる大洪水等でで河筋が東の「春野」側へと変わり、現在のような地形になったがじゃと言う事ながです。


関連記事

  



0 Comments

Leave a comment