時代と共に変遷した「はりまや橋」-2代目

080310-05.jpg

[ 明治時代の鋳鉄製のはりまや橋 ]
080310-06.jpg

[ はりまや橋地下公園にある、当時の写真 ]


[ はりまや橋  高知/高知市はりまや橋 ]

はりまや橋は現在の朱色の観光橋で4代目で、明治時代には、ちゃんと堀川は流れ「はりまや橋」が架かっちょりました。

明治41年に、木製のはりまや橋(1代目)から鋳鉄製の橋(2代目)に架け替えられたようで、その後、昭和の初期頃に高知駅から道路建設に伴い、鋳鉄製の橋は撤去されたがです。

写真の欄干は本物で、当時撤去された際に「山翆園」の庭に設置保存されちょったのですが、現在明治頃の姿に復元されちょるしだいです。

場所は、現在の朱色の観光橋から見て道路の反対側にある、デンテツターミナルビル(からくり時計があるビル)裏のはりまや橋公園に架かっちょります。

残念ですが、観光客の皆さんにはご存じないようです。
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment