板垣退助の銅像

080222-3.jpg

080222-4.jpg

土佐出身の幕末から明治にかけて活躍した政治家で、戊辰戦争じゃー、新政府軍の参謀として活躍したがじゃ。

元は「乾退助」とゆうが、先祖が武田信玄の家臣「板垣信形」にあたる事から、甲府の民衆に親近感を与えようと「板垣」と改正したそうやか。

明治7年に高知に立志社を設立し、自由民権運動を推し進め、明治14年に自由党の総理になって各地で遊説を行っちゅう。

明治15年、岐阜で演説を終えた会場で、刺客に襲われたがです。

この時叫んだ言葉が「板垣死すとも自由は死せず」とゆう有名な言葉やか。

実際は負傷したばあやったそうですけんど。

高知城大追門を入って、杉の段上り口右側に建つちゅう。


[ アクセス ]
・JR高知駅より徒歩約20分、車約5分、
・JR高知駅より市バス・路面電車で高知城前下車、徒歩5分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment