樽の滝 - 落差四国一

081019-1.jpg

081019-2.jpg

081019-3.jpg

[ 樽の滝  高知市/鏡今井 ]

鏡川の上流にある鏡湖ダムから、さらに奥の穴川川の最上部にある「樽の滝」まで、行って来たがです。

車じゃったら高知市内から約1時間ぐらいのようじゃけんど、自転車で往復約5時間、走行距離35Kmの工程でした。

途中からは急勾配の坂道が続き、途中息を切らしながら登っていくと、木々の間から遠くに「樽の滝」が見えた時は、来て良かったと思うたがです。

標高をチェックしたら、鏡湖ダム辺りが海抜100m程で、「樽の滝」のある場所がおおよそ標高500m程で、標高差約400mの上り区間が一部難所ながです。

途中から滝までの約1.5Km程の区間は特に道が狭く、普通自動車一台が通るのがやっとというくらいに狭い道でして、対向車が来たらよけるのが困難ですきに、運転に自信がある人以外は要注意で行くことをお勧めするがです。

この滝は「案内板」にも書かれちゅうように、二段の滝からなっちょって、その落差は65mあり、四国一と言うことです。

紅葉はまだまだのようですけんど、いくらか木々はお化粧を始めちょりました。

帰りは、心地良い風を受けながら、鏡湖ダム湖畔まで一気に下り坂を、駆け降りて来たがです。


関連記事

  



0 Comments

Leave a comment