宗安禅寺

081005-1.jpg

081005-2.jpg

[ 宗安禅寺  高知/高知市宗安寺 ]


鏡川橋から右岸を上流に行くと宗安禅寺があるがです。

臨済宗妙心寺派の寺院で「朝日山宗安寺」と言い、鏡川の上流から流れてきた不動明王を祀ったことが起源と伝えられちゅう事から、別称を「川上不動」とも言うがです。

また「四国三十六不動尊第17番札所」にも定められちゅうがです。

予断になるが、戦国時代この寺は「本山氏」の菩提寺で大きな寺じゃったらしいがです。

本山氏は朝倉城を居城として土佐中央部を支配し、土佐豪族の中でも飛びぬけた存在じゃったがですが、その後「長宗我部元親」との戦いで降伏するが、才を認められたのか長宗我部家の一門衆に加えられる。

本山一族は土佐藩の郷士として明治まで家名を永らえ、直系の子孫に当たる彫刻家の「本山白雲」は、有名な「桂浜の坂本龍馬像」の製作者ながです。


[ アクセス ]
・JR朝倉駅から、約2km

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment