嶺南社香長学校跡 - 元・土佐勤王党の池知退蔵・大石円 ・森新太郎らが創る

嶺南社跡(南国市立田)

[ 高知県南国市立田 ]


土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線の立田駅より線路高架下を西に500m程行った北側の農道脇に、「嶺南社香長学校跡」の碑が建っちょります。

板垣退助らが組織した自由民権運動の中心的政治結社・立志社に対して、香美郡(現・香南市)及び長岡郡(現・南国市)の元・土佐勤王党じゃった池知退蔵、大石円(大石弥太郎) ・森新太郎(森助太郎)らが保守派の政治結社・嶺南社を設立しちょります。

池知退蔵 - 土佐勤王党に178番目に加盟 2017.07.23
大石弥太郎 - 武市瑞山らの赦免を同志と共に藩庁に歎願するも叶わず 2016.07.13
森助太郎為政 - 土佐勤王党に158番目に加盟 2016.07.21

そして、青年達の教育機関として創ったのが香長学舎じゃったがで、後に香長学校になっちょりますが、開校後僅か10年程後の明治21年に閉校になっちょります。

方針が保守教育じゃったき、京都の学習院に職を奉じ孝明天皇の儒官じゃった中沼了三や、明治初期の高知県議会議長を務めた教育者で反民権派じゃった弘田正郎も教壇に立ったという。

弘田正郎は現・安芸市出身の人で、高知城下で陽明学を儒学者・奥宮慥斎に学び、大川筋(現・高知市)に五松学舎を開き、その子弟の一人には、世界に誇る植物学者になった牧野富太郎博士がおるがです。

奥宮慥斎 - 門人たちに尊王の大義を鼓吹する 2012.02.29
牧野富太郎誕生地碑 - 世界的な植物学者 2011.11.10

因みに、童謡「鯉のぼり」・「浜千鳥」・「叱られて」・「雀の学校」「春よこい」・「靴が鳴る」等の多く曲を手掛けた安芸市出身の作曲家・弘田龍太郎は長男になる。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment