斗賀野城址 (二ノ部城址) - 蓮池城主・大平氏家臣・田原彦右衛門年為が代官に

斗賀野城址 (二ノ部城址)(佐川町西組)

[ 高知県高岡郡佐川町西組 ]


東側から見た、斗賀野城址 (二ノ部城址)。

斗賀野城址 (二ノ部城址)(佐川町西組)

佐川町指定文化財 
斗賀野城址 (二ノ部城址)

寛政三年(1463)土佐の守護・大平弾正光国に、斗賀野・尾川の代官に任じられた田原彦右衛門年為は米森氏を名乗り、翌年、斗賀野二ノ部に築城、津野氏の侵略の防壁とした。
長宗我部元親が土佐統一のとき、高北隣郷の郡雄が無条件降伏したなかでただ一人反抗奮戦したが、衆寡敵せず元亀元年(1570)落城した。
落城後、米森攻めの功臣・安並但馬に与えられた・・・・・
(後略)

平成二年十二月一日建立
高知県文化財保護事業
佐川町教育委員会


斗賀野城址 (二ノ部城址)(佐川町西組)

米森氏は彦右衛門年為から四代に渡って斗賀野を納め、米森玄蕃元高の時代に、周辺の豪族たちが長宗我部に無条件降伏する中、たった一人長宗我部元親に反抗して戦ったけんど戦死したそうながです。

周囲は田園に囲まれた、高さが20~30m程の小山で、詰段にゃ城八幡が鎮座しちょります。

斗賀野城址 (二ノ部城址)(佐川町西組)

西側から見た、斗賀野城址 (二ノ部城址)

蓮池城主大平氏累代の墓所 - 土佐一条氏によって土佐大平氏は滅ぶ 2015.11.27
蓮池城 - 蓮池氏から長宗我部氏まで約430年幾多もの興亡を繰り返す 2016.10.23



MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment