蓮池権頭家綱 - 源頼朝の弟・希義を討った一人で蓮池神社に霊を祀る

蓮池神社(土佐市蓮池)

[ 高知県土佐市蓮池・蓮池城址 ]


以前御紹介しちょります蓮池城址の詰の段に、蓮池神社が鎮座しちょります。

蓮池城 - 蓮池氏から長宗我部氏まで約430年幾多もの興亡を繰り返す 2016.10.23

蓮池神社(土佐市蓮池)

この神社は蓮池権頭家綱卿を祀る 
嘉応二年(1170)平氏の家臣近藤家綱が平氏荘園の守護として蓮池城を創建し蓮池姓を名乗った 
善政により権頭に任ぜられた後越知町柴折に刺客の手に倒れ遊行寺に葬られた
以来八百数年目に御霊を故山に迎えたものである
昭和52年4月24日
土佐市郷土史研究会
田村忠之撰 長瀬放亭書

【 参考・引用 】  石碑より


蓮池神社(土佐市蓮池)

蓮池権頭家綱は、平家方の家人で、平治の乱で敗れ土佐に流されちょった源義朝の五男で源頼朝の同母弟になる源希義を幡多郡の平田太郎俊遠らと監視しちょったがです。

平治の乱から21年後、兄・頼朝が平家討伐に兵を挙げるを聞き希義もこれに応じようと立ち上るを知った、蓮池権頭家綱と平田太郎俊遠らの追討軍に現・南国市の祈年山近くの蔦ヶ池で討たれるがです。

源希義戦死伝承之地 - 兄・頼朝の挙兵に立ち上がるも平氏に討たれる  2016.07.15

源氏方の夜須行家の知らせで弟・希義の討死を知った源頼朝は伊豆右衛門尉有綱と夜須行家等に、蓮池権頭家綱と平田俊遠討伐を命じるがです。

そして、平田俊遠は幡多の平田城外で戦死し、蓮池権頭家綱は現・越知町遊行寺周辺で刺客に討たれたと言う。

蓮池城址の詰の段に蓮池神社の御祭神として祀られちょるのは、蓮池城を最初に築いたのが蓮池権頭家綱じゃったからだそうです。

蓮池神社(土佐市蓮池)

蓮 池 城 の 興 亡

ここに城が定められたのは、嘉応2年(1170)平氏の家人近藤家綱(蓮池権頭)が、平氏荘園の守護として居城したのに始まり、その後源頼朝の討手に滅ぼされた。
建久3年(1192)藤原国信が居城して大平氏を名乗り、広大な勢力圏を形成し、文化面でも優れた活躍をした。
天文15年(1546)幡多一条氏が東進し、大平氏を滅ぼし、一条氏の番城となったが、弘治3年(1557)には本山氏が一条氏を撃退して城を奪った。
永禄3年(1560)長宗我部氏と本山氏の争いが起こり、これを機に一条氏が城を奪回した。
永禄12年(1569)弘岡城主吉良親貞が一条氏を追い、その子親実が城主となったが、長宗我部盛親の継嗣問題で元親の逆鱗に触れ、親実は自刃し、こうして400年余、戦国武将が興亡を繰り返してきた蓮池城の歴史は、幕を閉じた。

【 参考・引用 】  説明板より




MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment