スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



中岡慎太郎遺髪墓 - 慶応3年京都近江屋にて坂本龍馬と共に暗殺される

中岡慎太郎遺髪墓(北川村柏木・松林寺跡)

[ 高知県安芸郡北川村柏木 ]


北川村の中岡慎太郎館後方になりますが、ちょっと南の山側に150m程ゆるい坂道を上がって行くと山門があるがです。

中岡慎太郎遺髪墓(北川村柏木・松林寺跡)

石段の脇に慎太郎遺髪墓の案内板があるだけで、山門にゃ寺社名の表札も無いけんど、山門をくぐると当時の境内中庭と思われる場所に松林寺跡の碑が建っちょります。

中岡慎太郎遺髪墓(北川村柏木・松林寺跡)

墓碑は、境内左手奥にある。

中岡慎太郎遺髪墓(北川村柏木・松林寺跡)

中岡慎太郎遺髪墓地

松林寺の参道を上がり、子安地蔵尊の奥にある中岡家の墓地。
慎太郎の墓は龍馬と同じ京都東山の霊山護国神社にもありますが、この北川村にも妻・兼の墓と共に慎太郎の遺髪が納められています。
中岡家の墓地は高知市潮江山にありましたが、集中豪雨によって崩れ、薊野に改葬され、そのうち旧墓石5基をこの地に移したものです。
ここに埋葬された遺髪は慎太郎が「禁門の変」の前に家族に宛てた手紙に添えられていたものです。

【 参考・引用 】  説明板より



中岡慎太郎遺髪墓(北川村柏木・松林寺跡)

遺髪墓にゃ「中岡慎太郎先生遺髪埋葬之地」と刻まれちょります。

また説明板にもあるように、横に妻・兼、父・小伝次、母・うし、姉・京の墓石が並んじょりますが、昭和47年9月15日に高知県下各地をおそった豪雨で高知市潮江山にあった中岡家の墓所が崩れ、薊野に改葬された時、そのうちの旧墓石5基がを此処に移されたがじゃそうです。

中岡兼 - 中岡慎太郎の妻 2013 06 27

中岡慎太郎は天保9年(1838)安芸郡北川郷柏木村(現・高知県安芸郡北川村柏木)の北川郷の大庄屋・中岡小傳次と後妻ウシの長男として生まれ、名は道正、通称ははじめ福太郎(福五郎とも)、光次、のち慎太郎、号は遠山・迂山など、変名は石川清之助(誠之助)。

安政元年(1854)、間崎哲馬に従い経史を学び、翌年には武市瑞山(半平太)の道場に入門して剣術を学ぶ。
安政4年(1857)、野友村庄屋利岡彦次郎の長女・兼(かね)15歳と結婚。
文久元年(1861)には武市が結成した土佐勤皇党に17番目の血盟同志となり、文久2年(1862)、長州藩の久坂玄瑞・山県半蔵とともに、松代に佐久間象山を訪ね、国防・政治改革について議論し、大いに意識を高める。
文久3年(1863)、京都での八月十八日の政変後に土佐藩内でも尊王攘夷活動に対する大弾圧が始まると、速やかに脱藩し、同年9月、長州藩に亡命し、長州藩内で同じ境遇の脱藩志士たちのまとめ役となり、また、周防国三田尻に都落ちしていた三条実美の随臣(衛士)となり、長州はじめ各地の志士たちとの重要な連絡役となる。

元治元年(1864年)、石川誠之助を名乗り上洛。
薩摩藩の島津久光暗殺を画策したが果たせず、また脱藩志士たちを率いて禁門の変、下関戦争を長州側で戦い、負傷する。
その後、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩藩の西郷吉之助(隆盛)との会合による薩長同盟締結を志士たちの第一の悲願として活動し始める。
三条実美とも連絡を取りつつ脱藩志士たちのまとめ役として、薩摩と長州の志士たちの間を飛び回り、亀山社中(後の海援隊)を結成した坂本龍馬や三条の随臣・土方楠左衛門(土方久元)をも説き伏せて巻き込んで行き、慶応2年1月21日(1866年3月2日)(あるいは22日(3日))、京都二本松薩摩藩邸において薩長の和解および薩長同盟を結実させる。

慶応3年2月(1867年3月)、龍馬ともども土佐藩から脱藩罪を赦免される。
その後、薩土同盟についても同様に奔走し、まず、5月21日(6月23日)、土佐の乾退助(板垣退助)と薩摩の小松清廉(小松帯刀)・西郷吉之助との間で武力倒幕のための薩土密約の締結に成功する。

更に土佐藩そのものを本格的に取り込むための運動を展開し、6月22日(7月23日)、京都三本木料亭「吉田屋」において、薩摩の小松帯刀・大久保一蔵(大久保利通)・西郷吉之助、土佐の寺村道成・後藤象二郎・福岡藤次(福岡孝弟)・石川誠之助(中岡)・才谷梅太郎(坂本龍馬)との間で、倒幕・王政復古実現のための薩土盟約が締結される。

6月27日、かねてから長州で見聞していた奇兵隊を参考に陸援隊を組織し、自ら隊長となり、白川土佐藩邸を陸援隊の本拠地と定める。

11月15日、京都四条の近江屋に坂本龍馬を訪問中、何者かに襲撃され瀕死となる(近江屋事件)。
龍馬は即死ないし翌日未明に息絶えたが、慎太郎は二日間生き延び、暗殺犯の襲撃の様子について谷干城などに詳細に語ったという。
11月17日に死去。
享年30。

【 参考・引用 】  中岡慎太郎 - Wikipedia




MapFan地図へ
関連記事

  



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。